入り・抜きのサンプル

はじめに

ドロー系のツールで線を描くことにこだわっていたこともありました。

stroke で線描

<path d='...' style='fill:none;stroke:black;' />

stroke で設定すると均一で綺麗な線を引くことができますが、反面、短調で味気ないという印象が残ってしまいます。

fill で線描

<path d='...' style='fill:black;stroke:none;' />

fill を使うと、入り・抜き・筆圧のすべてを完全にコントロール出来、豊かな表情を持つ線描が可能になります。

以下、入り・抜きのサンプルが並べられています。

サンプル

強く入るまたは強く抜く

弱く入るまたは弱く抜く